Our work

三菱商事マシナリについて

三菱商事マシナリとはどんな会社なのか。
それぞれの仕事に与えられたミッションとは何なのか。
私たちの社会的役割や存在意義について紹介します。

三菱商事マシナリについて

どんな会社なの?

三菱商事マシナリは、1982年に三菱商事機械グループの100%出資で設立した貿易業務のプロフェッショナル集団です。

三菱商事のもつ海外ネットワークを駆使し、海外に輸出された発電プラントや化学・製鉄等の各種プラント、国内鉄鋼メーカー向け機械設備やそれらの部品などの受注営業活動から契約履行、アフターサービスまでを一環して行っています。

取引対象となる国は、北中南米、アジア、中東を始め、全世界約70カ国と、日々ワールドワイドに業務を行っています。

PageTop

プラントには、どんな種類があるの?

発電プラント
【火力発電プラント】
石炭・石油・天然ガスなどの化石燃料を燃やして水を蒸気に変えるボイラー、蒸気タービン、発電機を組み合わせた一連のシステム
ボイラー:
燃料を燃焼させて得た熱で水を蒸気に変える機器
蒸気タービン:
ボイラーで作られた高温・高圧の蒸気を動翼に吹き付けて、高速で回転させ、運動エネルギーを発電機に伝える機器
【水力発電プラント】
高い所から水が流れ落ちる時の力を利用して水車を回して電気を起こす一連のシステム
化学プラント

石油や天然ガスから化石燃料及びプラスチック製品、繊維製品などの石油化学製品を生産する為の設備であり、当社では各主要プラントの心臓部分である圧縮機、蒸気タービン駆動機及びリアクター等を取扱う。

製鉄プラント

鉄鉱石から鉄を作る一連の機械設備。

一連の機械設備とは
製銑設備:鉄鉱石他から銑鉄(脆い鉄)を作る設備
製鋼設備:銑鉄から靱性のある「鋼」を作り圧延しやすい形に固める設備
圧延設備:鋼片を加熱しロール間で圧延し、板或いは鋼帯に加工する設備
プロセス設備:圧延された鋼帯を熱処理・表面処理して最終製品とする設備
その他:輸送設備、環境対応設備、リサイクル設備

PageTop

どんな商材を扱ってるの?

わたしたちの生活基盤を支える、さまざまな分野の設備・機器を取り扱っています。

鉄道車両など身近なものから、発電設備や化学プラント用設備機器及び製鉄プラント用設備、さらには民間ヘリコプター、防衛装備品、船舶向け機械設備まで実に多彩です。発電、化学、製鉄から防衛まで、あらゆる産業分野にわたっているといっても過言ではありません。

  • 重機プラント主要取扱商品
  • 化学プラント主要取扱商品

PageTop

どんなことが得意なの?

三菱商事マシナリには三菱商事のしっかりとした土壌があり、情報・技術・ネットワーク・資金面での総合力が何よりの強みです。

当社は火力・水力を問わず発電所のための重電機器類、また化学・製鉄をはじめとする各種プラント用設備や、鉄道車両・航空機・舶用機械部品等の輸出入業務などを行っておりますが、こうした社会基盤づくりに必要な大型設備や機器類の供給やアフターサービスには、メーカー / クライアント双方からの厚い信頼関係が欠かせません。

また、国内外の会計・税務・リスクマネジメント等において蓄積されたノウハウが営業取引を円滑に遂行出来るような体制を整えています。

三菱商事マシナリはその揺るぎない信頼と実績から、世界中の国々で、豊かな生活環境づくりに貢献しています。

PageTop