Our field

商社ビジネスについて

専門商社ビジネスや三菱商事グループにおける
三菱商事マシナリが果たす役割と使命を紹介します。

専門商社とは?

商社の役割は、世界中にモノを売りたい様々なメーカーと、それを購入したいユーザーを繋ぐことにあります。もちろん、メーカーと言っても扱う製品の数だけ存在し、ユーザーも消費者だけでなく、企業をはじめ政府機関や官公庁など多岐にわたり、商社は状況に応じて両者に最適なソリューションを提供しています。そして多種多様な商社の中でも、ある特定分野のトレーディングに係るプロフェッショナルが専門商社と呼ばれています。

専門商社の特徴は、市場動向に精通するとともに、扱う商品とトレーディングに関する膨大なノウハウが蓄積されていることです。独自のノウハウ・ネットワーク・情報力を最大限活用しながら、取引に伴う物流面・金融面の最適なプランをも提案し、率先してプロジェクトを成功に導く。それが専門商社ビジネスの醍醐味であり魅力です。

数ある専門商社の中でも三菱商事マシナリは機械系専門商社として、発電・化学・製鉄などの各種プラント設備、交通システム、航空機、船舶などの社会・産業インフラ設備を取扱い、世界中でビジネスを展開しています。

三菱商事マシナリは社会基盤を支える機械設備のトレーディングビジネスを行うことで、世界中の様々な国や地域の経済発展に貢献しています。

三菱商事グループの未来像

三菱商事は、日本を代表する総合商社として長年にわたり日本経済の発展に貢献すると共に、繊維、化学製品、エネルギー関連、機械製品など、日本経済発展の原動力となった各産業と深い関わりを持ってきました。こうした長い歴史の中で幅広いノウハウの蓄積やネットワーク網が形成されてきましたが、今、ビジネスの現場は三菱商事グループ企業へと広がっています。

三菱商事マシナリもグループの機械専門商社として最前線で活動し、重要な使命を果たしながら大きな成長を遂げてきました。そして同時に幅広いノウハウやネットワークを構築してグループ内で存在感を示しています。

今後も、三菱商事やその他グループ会社との連携を強化して企業価値を高めると共に、三菱商事グループ全体の価値向上にも貢献していきます。これがグループで担うべき三菱商事マシナリの使命なのです。

PageTop